緑川紀久子。作家歴およそ20年。ビーズや作品のこと、仕事の裏話、プライベートのライフスタイルなどを語ります。
プロフィール

        miDorikawa@kikuko

Author:        miDorikawa@kikuko
緑川紀久子 
東京都港区在住 
ビーズジュエリー作家
twitter_19.png


Author:
miDorikawa@kikuko
緑川紀久子
東京都港区在住 
ビーズジュエリー作家 

◇1994年より創作をは
じめ1996年に横浜にて
教室を開講する。

1999年頃よりビーズ関
連情報誌や手芸誌に
作品が取り上げられる
ようになる。2000年より
東京麻布十番~六本木
にて教室開講。

◇2001年春、ビーズア
クセサリー情報誌に掲載
されたアーガイル模様の
ネックレスとリングの作品
が問合せ殺到になり、情
報誌も爆発的に売れ、
注目を集める。

以後活躍の場を広げ、
現在は教室や講習会、
イベントや新作発表で
全国を飛び回っている。

◇2011年2月六本木教室から銀座教室に移転。

◇2007年度2008年度
日本アートアクセサリー協会主催講師認定試験の監修、講義

◇2008年秋スワロフスキー・ジャパン株式会社よりクリエイトユアスタイル契約作家10人のひとりに選ばれる

◇ブティック社刊ビーズフレンド全国作品コンテスト審査員

◇2008年第一回パーツクラブグランプリ特別審査員

◇2009年第二回パーツクラブグランプリ特別審査員

◇2009年第一回キンカ堂ビーズコンテスト審査員
授賞式プレゼンターも務める

◇2004年ビーズグランプリ日本橋高島屋店から参加。
毎年新作ジュエリー作品展示と販売会に出展している。

◇横浜大桟橋ホール:ビーズアートショー
2007年春開催。初回より毎年参加
2014年も出展いたします

◇2010年日本ホビーショー、スワロフスキージャパン様ワークショップにて三日間クロッシェの講習会を開催

◇2010きらめくビーズの世界展:日本橋高島屋 テーマ展示『貴婦人のカフス』にて出展

◇2011年 日本橋三越本店ビーズフェアに出展
◇2012年 日本橋三越本店ビーズフェアに出展
◇2013年 日本橋三越本店ビーズフェアに出展予定

◇2012年10月3日読売新聞よりインタビュー取材を受け、全国版夕刊にて作品写真とともに紹介

◇2013年6月 東急ハンズ渋谷店ハンズ・ギャラリーマーケットにて新ブランド『Francesca』作品を展示販売

◇緑川紀久子ビーズクロッシェ講師認定講座 通学制・通信制ともに秋開講


◇著書のほかビーズジュ
エリー関連誌への作品連
載多数、監修や作品提供
した出版物は80冊を超える。

◇社団法人日本フラワーデザイナー協会 NFD講師

フラワーデザイナー歴18




☆人気ブログランキング
に参加しています。
もしよろしければ記事を
読んでいただいた後に
バナーをワンクリック
してください。

クリックは
一日一回有効。
応援よろしくお願い
します。


0215



Author's dog :JETHRO
ジャック・ラッセル・テリア ♂
2008年3月26日 
群馬県生まれ
父犬 CH/05.12
METHUSELA ROMEO OFOZ
母犬 
AZAMI GARDEN'S JACK TELL FCI

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FL001

おはようございます。10月31日はハロウィンです。

昨日はフラワアレンジメントの日でした。小さなバスケットにハロウィンカラーのオレンジのお花をあしらい、シンボルのかぼちゃとラフィアで手作りしたホウキを飾ります。生徒さんみんな、思い思いの形にアレンジしていきます。オレンジ色のお花ってなんだかパワーがありますね。元気がでます。

ハロウィンはもともとケルト人の感謝祭だったものがキリスト教の行事に取り入れられたそうです。イギリスやアイルランドはカブをくりぬいていますが、移民がアメリカに渡ってかぼちゃを使うようになったとか。

日本のお盆に少し似ていますね。精霊や悪霊・死者の霊が来ると信じられ、悪いものから身を守るために灯をともすのだそうです。
そんなミニ知識をお話ししながら、楽しくレッスンしていただきました。

さてこれから札幌へ向かいます。明日からのビーズグランプリのためです。29日には講習会もありますので札幌近郊のみなさま是非ご来場くださいね。お待ちしています。

それでは行ってきま~す。



ranking02 ←がんばれ札幌・がんばれ新庄!

スポンサーサイト
こんにちは。サンフランシスコ物語も今日で最終日になりました。澄み切った青空とエキゾチックなチャイナタウンの風景をお届けします。

いよいよチャイナタウンに踏み込みます。これまで行ったことのあるチャイナタウンは横浜と長崎のみ。世界のいたるところにあるチャイナタウンですが私は海外では初めて。あ!本場上海は昨年上陸済みでございます。さてサンフランシスコのチャイナタウンは全体としてはかわいらしく結構きれいな感じ。お土産やさんが並んでいますがその建物はアメリカそのもの。この写真は街灯が気に入っています。
SF029

コンシェルジェに教えてもらったレストランは休み時間だったので、向かいのお店に思い切って入ります。オーダーはハーブの入ったシーフード麺。なんのハーブかと思ったらパクチーでした。えびが少し、かにかまとイカ、あとは魚のすり身です。味はシンプル、麺はそうめんのようでした。量がすごかったので半分で完敗。
SF030

チャイナタウンを抜けて振り向けばこんな景色。高層建築がそびえ立ってきれい。いろんなアングルで撮りましたが、シンプルが一番よいですね。
SF031

イタリア街の入り口あたり。今夜予約をしたイタリアンレストランを偵察。昼間も人が大勢で楽しげな雰囲気。名物のにんにく料理で頭が一杯です^^;
夜になってあらためて来ましたが、オリーブオイル漬けのにんにくを暖めて食べるのにはちょっとびっくりしましたが翌日におわなかったのにもびっくりでした。パスタやピザも食べましたが、日本で食べるイタリアンのほうがやっぱり洗練されていますね。
SF032

ふたたびチャイナタウン。中国茶の素敵なカフェがありました。お店の入り口でお嬢さんと思われる人が琴を演奏しています。写真の右手には茶葉の入った缶がずらりと並んでいます。とっても入りたかったのだけど、ランチでお腹が一杯だったので断念。いつかこんな雰囲気のカフェでおいしいお茶を頂きたいものです。ニューヨークならありそうな気も・・・。
SF033

うっかり見過ごすところでしたが、シティバンクを発見!シティバンクはなぜ『ハナハタギンコウ』???その他にも不思議な漢字のギンコウを見かけました。建物もクラシカルでおもしろいですね。
SF034

チャイナタウンに限らずサンフランシスコのダウンタウンにはアンティークショップがたくさんありました。下の写真はそのひとつ。窓からはゴージャスなシャンデリアや置物がずらりと並んでいるのが見えます。外から眺めるだけでもうっとり。中に入る勇気はありませんので目の保養だけ・・。
隣のビルの外階段も日本人の私から見るといかにもアメリカ的。
SF035
 

さて、これで私のサンフランシスコ物語は終了です。お付き合いくださってありがとうございました。旅行に行く朝、デジカメが故障していることに気づき慌てて買ったカメラ。機内で説明書を
熟読した甲斐があって楽しい写真をたくさん撮ることができました。短い旅行でしたが、次回行くときはのんびり滞在してみたいと思います。

来週はビーズグランプリで札幌へ行きます。仕事なので外へ出かけることはできませんが、なにか撮影できたらご紹介したいと思います。札幌に行く前にブログ更新しますね。

実は昨日はプライベートで悲しいことがあり傷心しています。今も仕事が手につきませんが時間が解決してくれるのを待ちましょう。

ranking02 ←あっぱれサンフランシスコ!と思っていただけたらクリックお願いします。

こんばんは。すっかりご無沙汰してました。いつも掲載しているビーズフレンド次号の作品やキット化する商品のデザインなど締め切りに追われてストレスフルな毎日を過ごしていました。昨夜は巻末に掲載される読者さんの応募作品の審査のため編集部へ赴き、打ち合わせも含めて4時間ほどかかりすっかり体力を消耗・・・。本日は自宅で片付けなどしておりました。

さて、今日はやっと四日目の写真を掲載します。しかもお気づきでしょうか?前編です^^;引き伸ばし作戦です。きれいな写真が撮れましたので見てやってくださいませ。

四日目はダウンタウン散策~美術館~ユニオンスクエア近辺でお買物~チャイナタウン~ランチ~お買物~イタリア街でディナー、といった感じです。
晴れた日のサンフランシスコの朝はほんとうに気持ちよかった。この写真はそんな清清しい気分も表現したつもり。ブラブラしながらコーヒーを求めてさ迷い歩きます。
SF023


美術館に行く途中、泊まったホテルが見えた!あの最上階が前述のホテルのバーになっています。なかなか外見も良いではないか。街を歩くと結構建築中の物件が多いことに気づきます。
SF024

あった!スタバです。他にもいろんなカフェがありましたが、この日の朝はスタバでいつものトールラテ。サンフランシスコで行ったカフェではドリンクを注文すると必ず名前を聞かれます。他のカフェでもね。間違って持っていかないようになのか、勝手に持っていく人が多いからなのかな不明・・・。慣れ親しんだ味にほっとしました。スタバって海外に行った時にはもはやふるさとの味に近いかもしれません。それにしても私は標識を撮るのがスキなようです・・・。
SF022

サンフランシスコの美術館。ホテルから歩いてすぐでした。ミュージアムショップがかなり充実していて一時間以上はまっていました。可愛い絵本やモダンアートの家具、ステーショナリーやキッチングッツまで。お土産とかにもお薦めですね。
SF025

澄み切った青空に高層ビルが映えます。建築物撮るのもダイスキです。この旅行では330枚撮影しました。以前パリへ行ったときは1000枚以上、去年の上海でも500枚以上でしたから今回はそれに比べたら少ないほうかな。
SF026

街を走るバス。カフェに座ってのんびりしていると前をバスが通りすぎて行きます。今回バスには乗らなかったなぁ~とか考えながら。乗客を観察していると、アジア系の多さに驚きを隠せません。
SF027

ユニオンスクエア周辺でお買物もしました。有名デパートやブランド店、以前パリでいった洋服屋さん(名前忘れた)、それからOLD NAVY。これはバナリパやGAPと同じ会社だそうです。カジュアルな服がすっごいリーズナブルなので秋物を買い捲りました^^;


さて、見えているのはチャイナタウンのゲートです。これから突入です。ランチも食べます。どんなエキゾチックがまっているのかわくわくしながらそのゲートをくぐったのでした。
SF028


次回はいよいよサンフランシスコ物語も終了です。四日目後編をお楽しみに~。

ranking02 ←後編早く見たいよ~~~って思ったら、クリック・クリック

みなさん、こんにちは。このところの雨は冷たくて秋の訪れを感じるこの頃です。先週は編集者や百貨店のバイヤーさんからふって沸いたように電話がかかってきた・・・。旅行から帰ってきたのがバレタ。まだ仕事のモードになりきれない私ですが、仕事はありがたいものです。がんばります。

さて、お待たせ?していたサンフランシスコ三日目のリポートです。お付き合いください。

今日はコンシェルジェのDanに予約を頼んでいたヨセミテ国立公園ワンデイトリップ。朝7時30分にホテルのロビー前でピックアップを待つことに。15分が過ぎたころ、待ちぼうけらしい私たちを見つけたドアマンが『どうしたの?』と尋ねてくれた。『Danに予約してもらったヨセミテ行きのバスを待ってるんだけどバスがこない』、と言うと確認に行ってくれた。さらに10分くらいするとドアマンが来て、『バスはもうすぐ来ます』・・・
結局迎えのバスは8時10分くらいにきて、さらに別のホテルで申し込みをして大きなバスに乗り換えた。さあ出発だ~と思ったときはもうすぐ9時でした。バスでパンフレットやヨセミテ新聞をもらい気分が盛り上がってきた。

SF016

バスに乗っていたのは欧米人7割、アジア人3割といった感じ。運転手のブラッドが一人でず~っとしゃべっています。受けないジョークはみんなに聞き流されていましたが、それでも気に留めていない様子。ブラッドは週に何回運転しているのかな。往復10時間も・・・。
サンフランシスコからベイブリッジを渡り、ヨセミテへ向かいます。まっすぐな道の左右には昔の金山を掘ったあとの土でできた山々が連なっています。街並みが消えた頃、たくさんの風車を発見!ものすごい数の風車でした。
SF017

出発して4時間くらいたっころ、撮影しておいでとバスを下ろされた。
!!絶景です。真っ青な空に白く聳え立つ岩・岩・岩。圧巻でした。
SF018

さらに一時間くらいたった頃、やっとロッジへ着きました。ここは春には雪解け水の滝が見れるところ。2時間半の自由時間をもらい三々五々バスを降ります。ロッジにはショップやレストランもあり観光客で溢れ返っています。大自然の山のなかにこんなに開かれた場所があるっているのがなんだか違和感もあり、安心感もあり。ロッジ付近はとても整備されていてきれいに保たれています。食事をしたりお土産を見たりしていると、リスや小鳥に遭遇しました。リスに出会うって、日本ではありえない感じですよね。ロッジに泊まった人の話しでは鹿にも会えるらしい!
SF021

散策していると、ところどころに説明の碑が立っています。これは昔登った人がいたんだよ~という写真。すっごいです。こんなすごいことが今でもできるのかは知りませんが、6時間散策コースとか、風景画教室とか、毎日いろんなアクティビティーをやっていました。やっぱりいろんな体験をするには泊りがけでなくっちゃ!わたしもヨセミテの風景を水彩画とかで描いて見たかった。
SF019

さて、一路サンフランシスコへ・・・。帰りは爆睡です。なにしろおよそ4~5時間ですから。バークレーあたりで目が覚めました。夕焼けがきれいでした。東京の夕焼けは最近見てないな~、とか思いながら。
SF020

ホテルに着いたのが9時半くらいだったと思います。疲れていましたが夕飯を食べていないので最上階のバーに行くことに。さくっと夜のお出かけ着に着替えて出かけました。
バーには席に案内してくれる人はいない様子で、あいていたカウンターにすわって軽食とカクテルを頼みます。東京やヨコハマのホテルのバーだとシックな雰囲気のところがほとんどだと思うのですが、ここはまったく違いました。バンドはロックっぽいし、みんなの話し声がものすご~~くうるさいし、やっぱりファンキーです。前日のステーキハウスとはまったく違う雰囲気。
ホテルの最上階から夜景を眺め、大きなグラスを傾けながら今日の疲れをねぎらいました。
明日はダウンタウン~チャイナタウンでお買物♪です。

ranking02 ←四日目も見てあげるよ~、って思っていただけたらクリックお願いします。

* HOME *
BrownBetty 

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。