緑川紀久子。作家歴およそ20年。ビーズや作品のこと、仕事の裏話、プライベートのライフスタイルなどを語ります。
プロフィール

        miDorikawa@kikuko

Author:        miDorikawa@kikuko
緑川紀久子 
東京都港区在住 
ビーズジュエリー作家
twitter_19.png


Author:
miDorikawa@kikuko
緑川紀久子
東京都港区在住 
ビーズジュエリー作家 

◇1994年より創作をは
じめ1996年に横浜にて
教室を開講する。

1999年頃よりビーズ関
連情報誌や手芸誌に
作品が取り上げられる
ようになる。2000年より
東京麻布十番~六本木
にて教室開講。

◇2001年春、ビーズア
クセサリー情報誌に掲載
されたアーガイル模様の
ネックレスとリングの作品
が問合せ殺到になり、情
報誌も爆発的に売れ、
注目を集める。

以後活躍の場を広げ、
現在は教室や講習会、
イベントや新作発表で
全国を飛び回っている。

◇2011年2月六本木教室から銀座教室に移転。

◇2007年度2008年度
日本アートアクセサリー協会主催講師認定試験の監修、講義

◇2008年秋スワロフスキー・ジャパン株式会社よりクリエイトユアスタイル契約作家10人のひとりに選ばれる

◇ブティック社刊ビーズフレンド全国作品コンテスト審査員

◇2008年第一回パーツクラブグランプリ特別審査員

◇2009年第二回パーツクラブグランプリ特別審査員

◇2009年第一回キンカ堂ビーズコンテスト審査員
授賞式プレゼンターも務める

◇2004年ビーズグランプリ日本橋高島屋店から参加。
毎年新作ジュエリー作品展示と販売会に出展している。

◇横浜大桟橋ホール:ビーズアートショー
2007年春開催。初回より毎年参加
2014年も出展いたします

◇2010年日本ホビーショー、スワロフスキージャパン様ワークショップにて三日間クロッシェの講習会を開催

◇2010きらめくビーズの世界展:日本橋高島屋 テーマ展示『貴婦人のカフス』にて出展

◇2011年 日本橋三越本店ビーズフェアに出展
◇2012年 日本橋三越本店ビーズフェアに出展
◇2013年 日本橋三越本店ビーズフェアに出展予定

◇2012年10月3日読売新聞よりインタビュー取材を受け、全国版夕刊にて作品写真とともに紹介

◇2013年6月 東急ハンズ渋谷店ハンズ・ギャラリーマーケットにて新ブランド『Francesca』作品を展示販売

◇緑川紀久子ビーズクロッシェ講師認定講座 通学制・通信制ともに秋開講


◇著書のほかビーズジュ
エリー関連誌への作品連
載多数、監修や作品提供
した出版物は80冊を超える。

◇社団法人日本フラワーデザイナー協会 NFD講師

フラワーデザイナー歴18




☆人気ブログランキング
に参加しています。
もしよろしければ記事を
読んでいただいた後に
バナーをワンクリック
してください。

クリックは
一日一回有効。
応援よろしくお願い
します。


0215



Author's dog :JETHRO
ジャック・ラッセル・テリア ♂
2008年3月26日 
群馬県生まれ
父犬 CH/05.12
METHUSELA ROMEO OFOZ
母犬 
AZAMI GARDEN'S JACK TELL FCI

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tool001

梅雨明けしましたね。六本木の教室に周りは公園やお屋敷も多く結構緑がたくさんあるので、セミがいっせいに鳴きだしました。今日浅草橋へ仕入れに出かけたら、街行く女性の多くがキャミソールにカプリパンツです。やっと夏が来たんですね~。

今日は、イベントでお越しいただいたお客様からよく受ける質問のなかからひとつお話しします。

Q.『先生はどんな工具を使っていますか~?』
A.『えっと~・・・たくさん持っています!』

そうなんです。本当にたくさん持っていて何処で買ったか忘れてしまったものも。昔からしていることですが、仕入れに行ったお店や問屋さんでで工具を見つけたら使いやすそうなものを探して買っています。ホームセンターや刃物屋さんも行きます。噛み合わせの正確さや持ちやすさ、重さなど確かめます。

長年愛用しているのが写真左の鋳物の平やっとこです。大小あわせて数本持っています。先端が細く、噛み合わせも抜群でテグスを挟んでビーズに通すことができますし、軽さもちょうど良いと思います。ニッパーや丸やっとこについても同じで、ほんとにたくさん持っています。メーカーは差し控えますが、日本製のものがお薦めです。

そのほかにはフランス製の刺繍用の小さな鋏やピンセットもいくつか持っています。これはもう楽しみのため。鋏はアンティークやレプリカもありデザインを堪能しています。やはりおフランス製は美しいものが多いですね。


←セミを見かけたら

スポンサーサイト

テーマ:アクセサリー全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

flower001

今週のフラワーアレンジ教室で生徒さんが使ったお花です。赤と黄色のグロリオーサリリー、黄緑色のスプレーマム、それにリューカデンドロン、クッカバラ、他。

今回使ったリューカデンドロンは赤みを帯びた品種で原産国アフリカ、名前はサファリサンセットです。素敵な名前だと思いませんか?まだ見ぬアフリカのサンセットを思い描いています。枝分かれのしたマルチタイプで春~秋に一般に流通しており、手に入れやすく非常に長持ちする花木でお薦めです。シックな色のお花とあわせてガラスの花瓶にアレンジすると高級感もでて、ブティックなんかに飾ってある雰囲気をお家でも楽しめます。

さて・・・。くだんの左親指の痛み。5月の下旬に仕事で新幹線に乗ったとき、荷物を上の棚に上げようとして旅行かばんの角にぶつけたのですが、そのときはすごく痛かったものの、スケジュールが詰まっていてその日は冷やしたりすることもなく放っておいたのでした。その後痛みはひいたのですが二ヶ月もたったこの頃になって痛みが出てきたので近くの大きな病院に行ったのです。レントゲンを撮り、痛みの原因は骨の変形だといわれ指を散々引っ張られたあげく何の処置もなく一ヵ月後来るように言われて帰されたのでした。

我慢できない痛みがあるので、今週は別の病院へ・・・。すご~くおじいちゃんの先生でした。お医者さん歴60年とか、そんな感じです。小さな診療所で、なぜか息子さんは隣でおなじく整形外科クリニックをやっている・・・。息子さんのクリニックで診てもらうつもりでしたが、そちらが夏休みだったのでやむなくおじいちゃん先生の診療所へ。入ったとたん後悔しました。だってものすご~くおじいちゃんで耳も遠そう・・・。それでも順番がきたので一通り経緯を話し診察してもらました。その後レントゲン室へ・・・。レントゲンも小学生の時に見たような古いものでおじいちゃんが動かしてセットしてくれます。不安です。

数分後出来上がったレントゲン写真を見ながら先生から症状を聞くと・・・なんと 『剥離骨折だねえ~。ペラ~っと骨がめくれちゃったんだねえ。骨もずれてるよねえ。』 と明快な回答が!さすが江戸っ子だ。よく見ると前回の病院のときにとったレントゲンより骨が割れている・・・。ショックでした。剥離骨折していたのに前回の病院では誤診をしてそのうえ思いっきり引っ張ったり無理に曲げたりさせられたのでひどくなってしまっていたのです。おじいちゃん先生恐るべし。結局はベテランの先生に見てもらって良かったと思いました。というか、最初にこっちに来ていれば~~~。

結局添え木で固定ししばらく指は使わないよう言われ、痛み止めの飲み薬や貼り薬を処方され帰ってきたのでした。生まれて初めての骨折は結構センセーショナルです・・・。
そんなわけで今週は養生にいそしむことになりました。来月の終りからの展示会用に三点ほど作品を準備しなくてはいけないのですが、どうやらギリギリになるまで取り掛かれそうにありません。

←骨がペラ~ッとめくれたら

テーマ:可愛いアクセサリー - ジャンル:ファッション・ブランド

nail001

スッキリしないお天気の週末、いかがお過ごしですか。
私は久しぶりに金曜日からのオフ。といっても左手親指の打撲が長引き思うように仕事ができないので、無理やりのオフです。作りかけのバックやネックレスを眺めつつ、罪悪感も少し感じつつも休むことに決定。急なオフはうれしいものですね。ただ家に居てももったいないし気分も落ち込んでしまうので、なにか気分転換することにしました。

そこで近所にできたばかりのネイルサロンへ。本当は打撲の痛みが続いているので整形外科に行ったほうがいいような気もしましたがどうも気が向かないし、その先生も一ヵ月後においでと言っていたのでまだちょっと早いし、思い切って電話で予約しシップと包帯をはずしてネイルサロンへGO。久しぶりのサロンなので気分もやや上々です。

そこのサロンはカルジェルの専門。カルジェルはツルツルの艶があり、比較的長持ちするそうです。実は前日に爪を爪切りで思い切り短く切ってしまって、ネイリストさんに『爪切りは絶対止めてください!』と言われました。爪切りで切ったときのショックが爪のやわらかい部分に響いて、二枚爪などの原因になるそうです。そう言われてみれば、爪の中ほどが凹んだようになることがあったけど、それが原因かも~と合点・・・。手の甲がみずみずしいですねと言ってもらってちょっとうれしかったです。毎晩お手入れしていて良かった~と思いました。

色やデザインは散々迷いましたが、爪が短すぎて選択肢もほとんどないことがわかり、ピンク&グラデーション(短いのであまりグラデーションではない)&ラメのオーダーを。
最後にラインストーンを少し飾ってできあがり。きれいに施術していただき満足ですが、爪が短いとお洒落な小学生レベルですね・・・。こんなオチですみません。

←パイレーツオブカリビアンを見た人はクリック

cartonnage02

以前作った卓上用の小さなドロワー。上に単行本が立てられるサイズです。前述の雑誌に掲載されたものです。内側をプロヴァンスのソレイヤードにしてメリハリをつけたところが気に入っていますが、本では誌面の都合で引き出しの中は撮影しませんでしたので、ここで披露します。

中には作りかけのアクセサリーやとっておきのパーツをそっとしまっていますが、今後はイベントのディスプレイにも使ってみようかと考えています。トルソーと共布なので統一感もあってgoodです。あ……トルソーの写真を撮るのを忘れていました。また後日掲載しますね。

←雨ってキライ

ring001

何かおもしろいデザインにならないかな~って常に考えて行動しています。ピン!と浮かぶ時には『新作の神様』がやってきた証拠です。そんな時はいくつかまとまって新しいことを思いつきます。
それは形に成ったり成らなかったり。

写真のリングはワイヤーメソッド。ぐるぐる巻いたワイヤーで土台を作り、最後にトルマリンを飾りました。ややカジュアルな雰囲気です。石の形や配置によってはアンティーク風にも。素材感が全面にでるデザインです。

先週の中ごろ、いつもイベントでご一緒のI先生の個展に出かけました。昨年もお邪魔したのですが、今年も個性あふれる作品の数々に感動しました。だれも真似のできない技が作品全体に溢れています。素敵な時間を過ごしてきました。ただとっても暑い一日だったので、その後は夏バテのようになって体が思うように動きません・・・。2、3日、ぐったりとしていました。

皆さんも夏バテにご用心を・・・。

←暑いのが苦手な人は押してみる
dog

今日はいつも通り六本木でレッスン。生徒さんから北海道のお土産をいただきました。
白い恋人30周年アニバーサリーボックスのチョコレートと佐藤水産ロッキーサーモン。
どうもご馳走さまです。

アニバーサリーボックスはかわいい缶ケースにチョコが一杯。いつ食べてもおいしいです!
佐藤水産は千歳空港内にあり、仕事で行くときは帰りに必ず立ち寄りサーモンチップと、
スモークサーモンの片身を買っています。
今回いただいたロッキーサーモンは新製品。裏書によるとロッキー山脈のようにカットが
ほどこされたダイナミックな外観と味。とってもおいしそうです。明日いただくことにします。

お土産といえば、写真の犬。たぶん犬。
以前ボラカイ島のお土産にいただきましたが、裏のシールにはセブ島で作られましたと
書いてあった・・・・。
普段はビーズの帽子をかぶってモニターにお座りしています。


 ←他のブログを見てみる

ボタンをアクセサリーの材料として使うのが好きです。フレーミングして個性的なリングにしたり、
レザーを通して編んでみたり。アンティークのボタンだと愛着もひとしおです。戦前のフランスの
古いボタンをある方から譲っていただいたときもその柄に感動しました。小さなアンティークの
シードビーズで編み込み、リングにしましたが、大切な物をいれるカルトナージュの箱にそっと
しまっています。

フランスのボタンは色がきれいなものが多く、優しい雰囲気を感じます。イタリアのボタンは
個性があり、一つ一つが主張しています。少し前にはエンジェルの柄のボタンをリングにしましたが、先日真鍮製のバラ型のボタンとラメ柄のボタンを見つけたのでネックレスやブレスに仕立てて
みました。レザーとあわせたので着脱がとても簡単です。いずれ雑誌等に紹介される予定です。

以前やはり戦前のものという、日本製で瀬戸物のビーズを手に入れたことがあります。白地に
朱色と黒で花木の柄でした。和風と言うよりはモダンで、黒とやはり朱色のシードビーズと合わせてブレスレットとリングのセットにしました。数年前に雑誌に掲載したことがあるのですが、その当時はアンティークにはあまり世間が関心なかったのか、作り方の問合せをいただいたものの、
素材についての問合せは皆無でした。これは今では私にとって貴重なコレクションです。

最近は特徴のある素材を使ったアクセサリーが人気です。ドイツ製の樹脂パーツや、貝のパーツ、レース編みでくるまれたビーズなどなど・・。私もいつもアンテナを広げ、いい素材に出会う
チャンスをうかがっています。心惹かれる素材に出会ったときは、即手にいれます。そして新しい
デザインを考えるという至福の時を味わっています。
皆さんはどんなアクセサリーを楽しんでいますか・・・。

 


* HOME *
BrownBetty 

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。